• お知らせ
  • ごあいさつ 合格の秘訣
  • コース案内
  • 合格実績
  • アクセス
  • お問合わせ
  • HOME

HOME > 合格実績

合格実績

new 2019年度(H31年度)入試 立教女学院小学校、成蹊小学校、西武学園文理小学校 合格 女子
平成29年4月入会
受講コース名:年長コース、年中コース、絵画制作コース、女子難関校コース、行動観察対策講座、受験体操コース、特別講座(夏期講習)、合宿(春期)、プチアフター、個別レッスン

 私共が小学校受験を考え始めたのは年中に上がる前の春休み頃でした。3人兄妹の真ん中である娘には附属のある学校でのびのびと過ごして欲しいと考え受験を決意いたしました。お友達のお母様からご紹介をいただき、共働きで下の娘が1歳になったばかりの我が家には、家からも通いやすくプチアフターによるサポートも充実しており、優しく指導して下さるエミスタディルームが最適だと思い入塾いたしました。 比較的早い段階でのスタートだったので年中時には少人数で授業をして頂ける機会が多く、お行儀や巧緻性などの基礎をしっかりと身につけることが出来ました。その分年長時にはペーパーや制作等ヘバランスよく貴重な時間を配分することが出来たと思います。娘は慎重な性格なので行動観察では自分から声をかけることが出来ずに周りに流されるばかりで、毎回心配しました。それでも9月10月に入ると少しずつ声も出せるようになり積極性も出てきて、成長を感じられました。苦手な分野にばかり目が行ってしまう親とは違い、いつも良いことを見つけて褒めて下さり、楽しくお友達と過ごす事のできるエミスタディルームが大好きでいつも行きたいと言っておりました。 そのおかげで娘は比較的成績も安定しており、大きなスランプも無く自分らしさを持ったまま無事に本番を迎えることが出来たと思います。 最後になりますが絵美先生、先生方、そして一緒に楽しい時間も辛い時間も過ごして下さった仲間の皆様のおかげで無事に志望校へ合格することができました。家族共々大変お世話になりました。 本当にありがとうございました。

new 2019年度(H31年度)入試 日本女子大学附属豊明小学校、川村小学校、さとえ学園小学校 合格 女子
平成28年4月入会
受講コース名:年長コース、年中コース、年少コース、絵画制作コース、女子難関校コース、行動観察対策講座、受験体操コース、特別講座(春期講習、GW講習、夏期講習)、合宿(春期、夏期)、プチアフター、個別レッスン

 私共は幼稚園入園前から我が子に小学校受験をさせたくてすぐに入室させていただきました。せっかちな母親に対し、レッスン中に他のことを考えて上の空になり、指示されていない色のクーピーを持っている姿に不安しかありませんでした。共働きで、子供の勉強に付き合う時間もあまりなく、年長になって目に見える進歩を感じない娘に、夫婦でも第一志望を諦めて、確実に入れそうなところに合わせて勉強していこうという話も出たほどでした。そんな時、アフタースクールでお預かりいただいたり、個別指導をしていただいたことは、娘にとって伸びるきっかけとなりました。春と夏の合宿に二回参加させていただきましたが、そのたびに娘は成長して帰ってきました。負けたくないという気持ちを持つようになり、夫婦でも安堵いたしました。いざ願書を書くときになり、今度は母親の私が全く何も思いつかないスランプに陥ってしまいました。女子校の願書は記載することが多く、混乱してしまい、書けなくなってしまったのです。娘は一心同体のように月例テストの順位もどんどん下がり、二人でどうしようもなくただ時間だけが過ぎていく時期が続きました。そんな時にもエミスタディルームの先生方は温かく声をかけてくださり、不安を取り除いてくださりました。夫婦でも改めて子育てや娘のことについて話し合うきっかけにもなり、願書は夫婦で書きました。添削も前日まで先生に寄り添っていただき完成しました。娘もそのころには「受験体操をやりたい。行動観察も楽しい。」と笑顔で帰ってくるようになりました。そして無事に第一志望の小学校にご縁を頂きました。二年半という長いようで短い期間、家族で取り組んできたことは、志望校に受かった以上に家族が一つになり、大きく成長したように思います。終わり良ければすべてよし。最後までじっくり親身に相談に乗ってくださり、ご指導いただいた絵美先生をはじめスタッフの皆様には心から感謝しております。本当にありがとうございました。

new 2019年度(H31年度)入試 日本女子大学附属豊明小学校、星美学園小学校、西武学園文理小学校 合格 女子
平成29年10月入会
受講コース名:年長コース、年中コース、絵画制作コース、女子難関校コース、行動観察対策講座、特別講座(春期講習、GW講習、夏期講習)、合宿(春期、夏期)、プチアフター、個別レッスン

 年中の10月より入会致しました。3月末生まれで言語能力も低くついていけるか心配で、少し自宅での学習で慣らしてから入会しました。案の定4月生まれだった長女とは理解度が異なり、入会後から4月位まではレッスンについていくのも大変でした。しかし春期合宿で少しメソメソしながらも金シールを1番頂き、先生方に勇気づけられ少しずつ自信が持てたようでした。その頃には女子難関校コース、行動観察コースもスタートしていて、週2回通いペースも掴んでいきました。自宅ではレッスンで分からなかったところをもう一度復習し、しばらくしてから似たような問題を探してやったり、なければ自作しました。どうしても意味が分からないものは夏にやろうと決め、あまり悩まないように過ごしました。ペーパーに行き詰った時には運動や巧緻性をするようにして夏を迎えました。保育園通いだったので、1年中ペースはくずさず、朝1時間と決め、夏休みも同じように過ごしました。夏期合宿での調子はとても悪かったのですが、最後まで諦めないと親子で朝1時間の自宅学習とレッスン通い、プチアフターを使い9月となりました。9月10月には週1回個別レッスンで志望校対策を絵美先生にして頂き、苦手な所も対策でき、自信をつけ11月の本番を迎えました。親にも子にもいつも平常心で優しく教えてくださる絵美先生、そして親切で明るい他の先生方に助けられ1番良い状態で受験の日を迎えることができました。志を共にした同じコースのお母様にも辛い時に助けて頂きエミスタディルームで学べたことにとても感謝しております。ありがとうございました。

new 2019年度(H31年度)入試 淑徳小学校、さとえ学園小学校、西武学園文理小学校 合格 男子
平成30年2月入会
受講コース名:年長コース、淑徳コース、絵画制作コース、行動観察対策講座、特別講座(夏期講習)、合宿(夏期)、プチアフター

 私共が「息子により良い教育を」と思い、小学校受験を考えたのは年中の春の時期でした。その頃、 淑徳小学校の学校説明会に行き、近くに良い幼児教室はないかと探していたところ、エミスタディ ルームにたどりつきました。早速入塾資料を送っていただきましたが、学習面やしつけ面で必要なことがたくさん書かれており、「引っ込み思案のうちの息子には難しいかな」と、親自身が勝手にあき らめてしまいました。しかし、年長に上がる直前の2月に、「やはり挑戦してみよう」と一念発起し、 教室の門を叩いたのが受験まであと9ヶ月というところでした。 体験授業を受ける前は、「息子は教室に行きたがらないだろうな」と思っていたところ、先生方の 丁寧なご指導と、段階ごとに達成のクリア項目が設定されている授業にモチベーションが上がったのか、その日のうちに息子自身が、「入会して勉強したい」と言いました。 入会後は、勉強を始めたのが遅かったせいもあり、既に通われているお子さんとの差をひしひしと感じました。しかし、子供も親もしっかりと復習をしていくカリキュラムが組まれており、月例テストでは息子の到達点をしっかり確認して、苦手な分野を補強していくことができました。その甲斐あって、息子の正答率も徐々に上がり、行動観察でもきちんと発言ができるようになりました。 絵美先生からは、「転ばぬ先の過度の杖はいりません。親子分離をした上での自立がカギです」ということを何度も教えてもらいました。夏合宿で息子が親元を離れて、クラスメートと勉強を頑張るなど、入会前には考えられなかった貴重な経験をすることができました。 共働きの我々にとって、息子と一緒に平日に勉強できるのは夕食後の60分程度のみ。よって小学校受験に関しては、エミスタディルームを信じ、とにかく授業の復習と宿題をしっかり行いました。 8月からはプチアフターに定期的に通い、平日の勉強不足を補うことができたのも大変助かりました。 直前期はこれに加えて過去問を何度も解き返し、必要以上に手を広げて中途半端にならなかったのが良かったのだと思っています。 エミスタディルームは、他の塾には無いきめ細やかな指導と、厳しい中にも良い意味での家庭的な雰囲気があります。絵美先生、諸先生方には、親子共々いつも励ましてもらい、受験直前の大変な時期を乗り越えることができました。それと同時に、私たちが先生方から教えていただいたことは、受験の合格以上に、子供が今後の人生を歩んでいく上で自立心を養うことの重要さです。厳しい受験生活の中でも、息子自身が「この勉強をしたい」「この学校を受験したい」「もう一度この学校にチャレンジしたい」と、親任せだけでなく、自らの意見をきちんと言うことができるようになったことは、驚きでもあり、合格したこと以上に大変嬉しいことでもありました。 エミスタディルームに通うことで、息子が大きく成長することができたと思います。本当にありがとうございました。

new 2019年度(H31年度)入試 淑徳小学校、小野学園小学校、西武学園文理小学校 合格 女子
平成30年6月入会
受講コース名:年長コース、淑徳コース、行動観察対策講座、特別講座(夏期講習)、合宿(夏期)、プチアフター

 小学校受験のため、年明けから大手の幼児教室に通い始めました。娘は慎重な性格のため、大勢の中に入ると消極的になってしまい、なかなか成績が伸びず、このままでは受験が厳しいと悩んでいた矢先、エミスタディルームのパンフレットが目に留まりました。少人数授業で志望校を絞ることができ、豊富なカリキュラムやプチアフターなど手厚く指導頂けるのが魅力的に感じ、出遅れてしまいましたが、6月にすがる思いでエミスタディルームに入会しました。入会当初の娘は新しい環境でうまく馴染めず、泣いたりし、大変心配な状況ではありましたが、本人の刺激効果を期待し、先生と相談し「夏の合宿」に応募しました。 初めて親と離れた「お泊り体験」では、勉強のほか、マラソンなどのプログラムもあり、お友達に負けないよう事前に大量の練習や、マラソントレーニングにも 臨んだ結果、勉強・運動・絵画などにも大変自信がつき、たくさんのお友達ができ、 とても安心しました。「夏の合宿」後は、順調に授業を取り組めるようになり、その後の志望校オープンテストでも上位の結果が得られました。 我が家は共働きのため平日の朝から晩まで娘を保育園に預けていますが、平日のプチアフターの活用による弱点強化ができるため、大変助かりました。また、親向けに願書の添削、模擬面接など受験に向け着実に計画的な準備ができるようになり、「強化ポイント」も理解することができました。 振り返れば、エミスタディルームに入会し、これまでの「なんらかの勉強」を改め、「受験」というゴールに向け、短期間で効率的な準備ができたことは、我が家の最大な収穫でした。エミスタディルームに入会し、本当に良かったと思います。 合格まで支えてくださった絵美先生、諸先生の方、ご父兄の皆様に感謝申し上げます。

new 2019年度(H31年度)入試 学芸大学附属大泉小学校 合格 男子
平成30年11月入会
受講コース名:学芸大直前講習、国立小対策絵画制作コース、プチアフター

 基本塾は行ってなくて独学で迷っていたところもあり、御社には本当に助けて頂けました。講座は出来ると金ピカのシールがもらえる、競うという点も、競争心のない我が子には響いたようで金ピカが好きだったこともあり、頑張りたいと密かに思ったようです。また、苦手分野の分析もしていただき、家で勉強するなかで感じていたこととドンピシャだったこともあり、安心してお任せ出来ました。アフタースクールではその苦手分野を出来るだけこなしていき慣れる場として利用させていただきました。その通りたくさんのペーパーをしていただき、また巧緻性や、お友達とのやり取りもその場で学ぶことも出来、良かったと思っています。特に、折り紙などの制作は比較的好きだったんですが、リボン結びなどの苦手分野の巧緻性については、一から教えていただき出来るようになりました。家でも教えていたんですがなかなか出来なかったことが、アフタスクールで学んだ直後から完全に出来るようになったことも、驚いたことを覚えています。また、優しさと厳しさのバランスも良く、そこが親的にも安心して預けられるポイントでした。本当にありがとうございました。

2018年度(H30年度)入試 筑波大学附属小学校、淑徳小学校、さとえ学園小学校 合格 女子
平成29年3月入会
受講コース名:年長コース、女子難関校コース、個別レッスン、行動観察対策講座、特別講座(春期講習、夏期講習)、合宿(春期、夏期)、プチアフター

 私共が小学校受験を志したのは、年中の終わり頃でした。2月末に体験授業を申し込み、実際に受講してみると周りのお友達はお行儀も良く、ペーパーや制作も良く出来ていて、本当に同じ年齢なのかと驚きました。娘の「このお教室に通いたい。」という言葉でエミスタディルームに決め、3月に入会いたしました。 入会後、私共の最大の課題は母子分離でした。娘は教室に1人で入ることが出来ず、毎回大泣きしておりました。教室の模試では、試験中も泣き続け、1ページ丸々白紙という時もありました。母子分離が出来ていないことに気付いた時は、今までの育児は間違っていたのではないかとショックを受けました。そして、この現実をどう乗り越えるのか解決の方法が分からず、途方にくれていると絵美先生がご自身の経験などを話してくださり、親身になって相談に乗ってくださいました。そして、諸先生方のご協力や、他のご父兄にアドバイスをいただき、だんだんと泣かずに入室が出来るようになりました。春と夏の合宿も娘の自立のためのとても良い機会となりました。思い切ってお預けし、本当に良かったと思います。 受験の知識などは全くなかった私共でしたが、教室で父母セミナーを定期的に開いてくださるお陰で、少しずつ親も受験の知識を見につけることができました。毎週のペン習字や作文も、願書を書く際や国立小受験の際のアンケートにとても役立ちました。進路を決める際は、絵美先生に何度も相談させていただきました。先生が娘を信じ「チャレンジしましょう。」と言ってくださったことが、国立小受験を目指すきっかけとなりました。 私立小受験が終わってからは、親の方が精神的にも肉体的にも疲れ果てておりましたが、先生方に励まされ、なんとか最後まで頑張ることが出来ました。国立小の講習では、学校別の講習、制作、体操、クマ歩きが1コマずつ受講出来るので、子どもも気分転換をしながら通うことが出来て良かったと思います。 私共にとって小学校受験は、最後までとても険しい道のりであったように思います。夫婦で意見が衝突したり、思うような結果が出せず、挫折しそうになりました。それでも前に進むことが出来たのは、絵美先生の心温かいアドバイスに支えられ、先生方がいつでも明るく娘を迎え入れてくださり、そして周りのご父兄の方々が親身になって相談に乗ってくださったお陰と感じております。支えてくださった皆様に心より感謝申し上げます。

2018年度(H30年度)入試 筑波大学附属小学校、淑徳小学校 合格 女子
平成29年3月入会
受講コース名:年長コース、淑徳コース、行動観察対策講座、特別講習(春期講習、ゴールデンウィーク講習、夏期講習)、プチアフター

 私共が小学校受験を考え始めたのは、年長に上がる前の3月頃でした。そこで色々と調べ、まずは体験授業に参加することからスタートしました。志望校を考え、2つの教室に絞り、体験してみました。教室選びのポイントは、楽しく長続きしそうな教室ということを最優先させました。今思うと、受験までの約9ヶ月の間通うことが出来たのは、エミスタディルームのアットホームな雰囲気ときめ細やかな指導方法が娘だけでなく、我が家の受験対策に最適であったからだと実感しております。 入会してからはスタートが遅かったせいもあり、年中の頃から通っている子に比べると、かなり差がついていました。それまで、親としても何とかなるかもと安易な気持ちでおりましたが、早くから準備されていた子達より、こんなにも出来ないものなのかと愕然としました。それからは教室で習ったことを自宅でしっかり復習し、確実に定着させることを心掛けました。GW講習や夏期講習、また夏休みのプチアフタースクールを経験し、少しずつ力を付け、秋の月例テストでは上位の成績を取れるまで成長していました。このまま良い状態で受験できればと思っておりましたが、夏に普段以上に勉強したのにも関わらず、10月最後の月例テストでは、思うような結果が出ずに年長コースが終了してしまいました。そのような状態の中、11月初旬の私立小の受験に臨みました。運良く合格をいただきましたが、その後気が抜けてしまい、集中して学習できない日が続いていました。国立小学校を前に、不安に思っていた時、教室の直前講習はとても助かり、再びやる気を与えてくださいました。しかし、11月下旬の第一志望の国立小からは合格をいただくことができませんでした。その時、絵美先生から「まだ筑波があります。」と言っていただき、ダメ元で出願し、一次抽選を通過していた筑波受験に本気で取り組み始めました。元々勉強が嫌いでなかった娘でしたが、入会当初からの課題であった制作・運動のスピード不足を12月中旬の筑波の二次選考までの残り1ヶ月で克服できるか心配でした。そこでも、絵美先生から多くのアドバイスや励ましのお言葉を掛けていただき、家族一丸となり最後までやり遂げることができました。 今回の娘の受験を通して、それまでただ漠然と娘の成長について思い描いていましたが、しっかりと教育方針について考える貴重な機会となりました。また、これからの我が家の子育ての礎となったことは間違いありません。最後になりましたが、約9ヶ月の間、絵美先生をはじめ諸先生方に親子共々ご指導賜り、深く感謝しております。こちらで教えていただいた事を忘れずに、これからの小学校生活を娘と一緒に頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

2018年度(H30年度)入試 聖心女子学院初等科、さとえ学園小学校、星野学園小学校 合格 女子
平成29年2月入会
受講コース名:年長コース、女子難関校コース、行動観察対策講座、特別講座、プチアフター

 エミスタディルームには、新年長2月に入会をいたしました。 共働きで家庭での学習時間が限られることから、少人数で様々な分野を網羅しているお教室を探していたところ、エミスタディルームに出会いました。年長コースではペーパー、絵画制作、巧緻性、サーキットなどをバランスよく効率的に学べること、そして先生方の細やかな対応をしてくださることが入会の決め手となりました。 我が家では平日の学習時間確保が課題でしたので、プチアフタースクールを定期的に利用させて頂きました。 プチアフタースクールでは、ハサミ切り、ちぎり、色塗り、糊付けなど家庭ではなかなか取り組めない巧緻性や制作などもカバーしてくださり、大変助かりました。 受験までの道のりでは、まだ6歳ですから気分が乗らないという時期もありました。特に夏場の大切な時期に集中力が欠け、計画通りに捗らないこともありました。初秋に入り、同じ目標を持つお友達と共に学び合うことがとても楽しいことだと理解し始め、気持ちも切り替わり、最も良い状態で本番を迎えることができました。これも絵美先生のこまめなご指導・アドバイスの賜物であると感じております。 合格まで道のりを支えてくださった絵美先生、エミスタディルームの諸先生方、そしていつも親身に相談に乗ってくださったご父兄の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

2018年度(H30年度)入試 日本女子大学附属豊明小学校、淑徳小学校、さとえ学園小学校 合格 女子
平成29年4月入会
受講コース名:年長コース、女子難関校コース、行動観察対策講座、特別講座(春期、ゴールデンウィーク、
夏期)、合宿(夏期)

 私どもは年長の春にエミスタディルームに入会いたしました。その1年前に夫婦で話し合って小学校受験を決意し、既に別の幼児教室に通っていたのですが内容が知育中心で、受験に向けてもっと実践的で具体的な指導が必要ではと焦っていたところ、エミスタディルームと巡り合ったのです。早速、体験レッスンに参加したのですが、一緒に受けた他のお子さんを拝見し、「このお子さんたちは明日にでも試験を受けられるのでは!?」と思えるほど皆すでに受験生としての風格が漂っており、我が子との差は歴然で、そのレベルの高さに驚かされました。娘の「絶対またここに来たい!!」という感想と、私自身も授業の内容や教室の雰囲気、そして絵美先生のお人柄に魅力を感じたことから、すぐに入会を決意しました。 すでにペーパー学習の習慣はついていたものの、それ以外の巧緻性・運動・お行儀面など課題は山積みで、また第三者から見ても「おてんば」「やんちゃ」「男の子みたい」と評されることの多い娘でしたので、当初は女子校受験は無謀かと思われましたが、教室に通うようになってしばらくすると、幼稚園でも「リーダーシップをとるようになった」「制作の時間にわからない子がいると教えてくれる」など、複数の先生からお褒めの言葉をいただくようになり、着実に良い影響を受けているな、と感じました。本来は明るく人とコミュニケーションをとることに長けている娘ですが、行動観察では一言も発さないなど、なかなか自分らしさを発揮することができず、かなりやきもきさせられましたが、毎週の授業の積み重ねにより夏休み明けあたりから、ようやく積極的な姿を見せられるようになりました。面接対策として、本番さながらの模擬面接を2度受けてその都度的確なアドバイスをいただきましたし、願書の指導も春頃から少しずつ準備を進めていくので、直前になって慌てることなく済んだのも良かったです。また、ご父兄の方々とも同じ目標を持つ者同士、気持ちの共有や情報交換をすることで、直前期などは親の方が不安定になりそうなメンタル面を皆さんに支えていただいたように思います。 第一志望校の合格はもちろんのこと、その過程において素晴らしい仲間と共に娘が大きく成長を遂げたこと、親子で最後まで楽しんで通塾出来ましたことに、心より感謝申し上げます。エミスタディルームに入会して本当に良かったです。ここでの貴重な体験を忘れることなく、新たな世界へ羽ばたきたいと思います。ありがとうございました。

2018年度(H30年度)入試 淑徳小学校、星野学園小学校 合格 女子
平成29年3月入会
受講コース名:淑徳コース、言語巧緻性コース、個別レッスン、行動観察対策講座、特別講座(夏期)

 私共が受験を本格的に考え某教室に通い始めたのは、年中の1月頃でした。それまでは家庭でペーパーや工作をしていました。ただ、元気が良すぎる娘は集中力が続かず姿勢もお行儀も悪く本当に受験を戦えるのか考えさせられました。 某教室では週1回2時間で1時間はペーパー、残りは巧緻性や行動観察で先生がお一人で指導されているので、待っている時の態度や姿勢など気になっているところを注意していただけず、モヤモヤしていた時、エミスタディルームの行動観察講座があるのを知り、3月頃入会させていただきました。入会してからしばらくの間は、娘のお行儀の悪さが目立っているように思えとても焦っていました。毎回いただける評価表には注意やアドバイスや当人の発言などすべて書いてあるので授業の後の子どもへの言葉がけの参考になりました。 それぞれのコースでも、お行儀に対してよくご指導していただいたおかげで、やる気や自尊心の様な意識が出てきました。評価表の態度の項目にも○がつく回数が多くなり、それに伴い集中力もついてきました。過去に入試で出たゲーム、集団での制作、その際の言葉がけ、言い方から何気ない仕草、行動、ご指導の内容は目から鱗と申しますか、行動観察の奥深さを知りました。また、月に1度の親対象のセミナーは、日々の過ごし方や今は何をする時なのか、いつ頃何をし始めるのか、服装や父親対象のお話など、多方面で教えていただけるので受験本番まで道のりがわかり早めに準備する事が出来、ギリギリで何かを知って慌てて用意するという事はありませんでした。入会時に配られた入試・面接報告は、とても詳しく聞き取りがされておりイメージしやすく、心の準備が出来ました。個別レッスンは、受験校の対策をしていただけるので、子供もやる気を出して楽しんで勉強出来ました。また、改めて苦手な分野を発見できるのでとても良かったです。あっという間に受験が終わり、注意を受けたことも懐かしく思います。最後まで挫けず毎回楽しく参加出来たのは先生方のおかげでした。あの時思い切って“エミスタディルーム”に連絡を入れてよかったです。そして、合格をいただけるまで親子共にご指導して下さり本当にありがとうございました。  

2018年度(H30年度)入試 淑徳小学校 合格 男子
平成28年12月入会
受講コース名:年長コース、淑徳コース、行動観察対策講座、特別講座(夏期)、合宿(春期、夏期)、   プチアフター

 幼稚園に入園した頃から小学受験を意識し年中の冬に体験教室を受講しました。教室選びのポイントは規模、個別指導、志望校の合格実績でした。特別に知識もなく入会しましたが受講を重ねることで、受験に必要な、基本的知識、躾をしっかり習得することができました。また、受験に必要な話を『聴く』ということ、強い『心』と、競争する『意識』を教えていただくことが出来ました。家庭における教育もアドバイス頂き、各々のプログラムをこなすことで親子共々受験に対してのレベルを上げることが出来ました。授業を参観できるシステムでは、授業のポイント、特に教え方や弱点がわかるようになりました。もちろん、目の前で起こることなので、親としても恥ずかしいことや、笑ってしまうこともありましたが、全て意味のあるものでした。また、合宿(春・夏)に行くことで、親離れ・子離れをし、自立をすることでレベルをアップすることが出来たように思います。おかげ様で、息子は自信を持ち、緊張もせず受験することができ、志望の学校に合格することが出来ました。息子に試験の事を聞くと、「エミスタディルームの授業より簡単だったよ!」と嬉しそうに話をしていました。1年間、先生方々を信じて任せ、アドバイス通りに行動することで合格することができたと思っています。先生方々、スタッフの皆様に本当にありがとうございました。 

2018年度(H30年度)入試 筑波大学附属小学校、学芸大学附属大泉小学校 合格 男子
平成29年9月入会
受講コース名:学芸大直前講習、筑波大直前講習、国立小絵画制作コース、 クマ歩き特訓講習、プチアフター

 平成29年1月から地元大泉の幼児教室で個人レッスンに近い感じで週に1回、ペーパーと制作のレッスンを受けていました。受験に対応するために、多くのお友達と一緒にレッスンの受けられる集団レッスン塾を探していたところ、エミスタディルームさんに出会いました。国立受験を検討していたため、年長の9月からエミスタディルームに通い始めました。最初のうちは、アフタースクールに通い、教室に慣れることから始めました。アフタースクールでは様々な分野のことを教えてくださるので、我が子の苦手分野などがわかり、とても役にたちました。また、おやつの時間や遊びの時間も設けられていて、楽しみながら勉強ができたと思います。 国立の抽選も無事通り、学芸大直前講習、筑波大直前講習通いました。まず、学芸大直前講習から始まりました。毎回のレッスンでは、過去問やその応用を多く取り入れてくださり、家庭では市販の過去問を一度通してやってみただけでした。また、テレビモニターを通してレッスンの様子を見ることができたのも大変役にたちました。先生から毎回レッスンの講評は頂きますが、親の見方からも我が子にアドバイスができ、効率よく苦手分野を家で復習できました。当日の試験は、落ち着いて臨め、実力を発揮できたと思います。 学芸の試験が終わるころから、早くも筑波大直前講習が始まりました。正直に言えば何度も通わせる自信がありませんでした。しかし終わってみればあっという間でした。筑波小の試験は、ペーパー・制作・運動(クマ歩き)の3本立てなので対策が取りやすかったですが、一つ一つの難度が高いため、かなり練習が必要でした。テレビモニターでレッスンの様子をみていたら、制作が時間内に終わらないことが多かったので、試験前に制作コースを何度か受けました。これにより制作のスピードもあがり、大変効果があったと思っています。毎回のクマ歩きの練習もお友達と競い合ってタイムを伸ばすことができました。当日の試験でも、エミスタディルームで練習してきたことに落ち着いて臨むだけでした。 短い間でしたが、子どもの能力を最大限に引き出してくださりありがとうございました。

2018年度(H30年度)入試 学芸大学附属大泉小学校 合格 女子
平成29年11月入会
受講コース名:学芸大直前講習

 国立の受験を考え始めたのは、年長の秋でした。すでに受験シーズンでしたので、あまり期待はせず、うちでマイペースに過去問などをやっていましたが、わからない点も多く、一次抽選に通った時点で直前講座に申し込みました。 7日間の講座では、本番さながらの緊張感漂う教室で、みるみるうちに成長していく娘の姿が見られました。 先生たちのご指導で身についたことは、机に座るときの姿勢・鉛筆の置き方・解答用紙の○の付け方・立って待つときの姿勢・面接時の声の大きさ・集団行動におけるお友だちとの関わり方 ・実技のスピード感、など、基本的だからこそ大切なことばかりでした。こうした実践的なことは、家ではなかなか教えられないことであり、とても勉強になりました。 まわりのお友だちからの刺激もあり、娘は講座に通うのがとても楽しかったようです。講座の最終日は、先生に「自信を持って」とアドバイスをいただき、親子ともに落ち着いて本番に臨むことができました。丁寧にご指導いただき、ありがとうございました。

2017 年度(H29年度)入試 立教小学校 合格 男子
平成28年1月入会
受講コース名:年長コース、立教・早稲田コース、読み聞かせ指示行動対策コース、個別レッスン、行動観察対策講座、特別講習(夏期講習、ダンス講習、学校別)、夏期合宿、プチアフター

 息子がエミスタディルームに入会したのは年中の1月でした。志望校を決めてはおりましたが、受験対策についての知識があまりありませんでした。そんな私達に先生方は親身に相談にのって下さり、不安を解消して下さいました。合格する事を最優先に考え、受講できる講座は全て受けました。中でもプロジェクターや、碁石を使った授業は本番さながらで、息子の苦手なところや今後の課題など細かくご指導頂きました。親の宿題でもあるペン習字は、願書やアンケートを書く事においてとても役立ちました。また家庭学習で息詰まってしまうときは、プチアフターや個別レッスンをお願いしました。授業の復習や、巧緻性、運動など息子に必要な課題を先生が丁寧に見て下さりました。また親も一人になる事で、ゆっくりと面接について考える時間が持てました。そして、親子関係も崩さずに、健全に受験を乗り切る事ができました。本番の前日、先生方から息子へ「今までやってきた事を明日落ち着いてすれば絶対大丈夫だからね、あとはお行儀良くね。」とあたたかい言葉を頂きました。当日、試験が終わった息子の第一声は「エミ先生の言った通り、ぼく100点だよ!」と嬉しそうに帰ってきた姿を見て、長く、不安だった受験期間が報われたように思いました。小学校のご縁を頂けた時は、感動とともに先生方への感謝の気持ちでいっぱいになりました。エミ先生をはじめ、先生方にお世話になったからこそ勝ち取れた合格だと思います。本当にありがとうございました。

2017 年度(H29年度)入試
お茶の水女子大学附属小学校、星美学園小学校、さとえ学園小学校 合格 女子
平成27年11月入会
受講コース名:年長コース、女子難関校コース、絵画制作コース、言語・巧緻性コース、受験体操コース、個別レッスン、絵画コース、行動観察対策講座、特別講座(春期、夏期)、合宿(春期、夏期)、プチアフター

 お友達に誘われて、エミスタディルームに入会したのは、年中の11月でした。体験レッスンを受講し、お勉強だけではなく、先生のお話を聞く姿勢や発表など小学生になる為の準備ができると思い入会を決めました。はじめの頃は、新しい環境で、人前で発表する事が苦手で黙り込んでしまったり、大好きな制作や絵画も決められた時間内で仕上げるという事が出来ず、この状態で受験に間に合うのか不安でした。また、私共は共働き家庭で、自宅で学習する時間も取れない為、プチアフタースクールを活用させて頂き、受験の為のお勉強はお教室で対応頂き、娘と過ごす少ない時間は、遊ぶ時間に充てメリハリを付けました。春合宿、夏合宿を経験し、体力的にも精神的にも強くなった娘は、入会時よりも着実に力を付け、月例テストでは上位をキープするまでに成長しました。私立小受験では思うような結果が出せず落胆していた時に、いつも穏やかな絵美先生から、「諦めずに、家族で一丸となって国立を目指しましょう。諦めなければいい事があります」と私立受験で疲れが出始めていた私たちに「活」を入れて下さったお陰で、最後までやり遂げる事が出来ました。この1年間、初めての受験でわからない事が多く不安な事もありました。また、行きたくないと泣きながらお教室に通った日もありました。絵美先生をはじめ、先生方がいつも励まして下さったり、同じ目標に向けて悩みを相談できる保護者の皆様やお子様と過ごした日々は私たち家族にとって貴重な時間でした。これもアットホームな雰囲気の中で学ぶ事が出来るエミスタディルームだからだと思っています。1年間、本当にありがとうございました。

2017 年度(H29年度)入試 筑波大学附属小学校、淑徳小学校、さとえ学園小学校 合格 女子
平成27年12月入会
受講コース名:年長コース、女子難関校コース、行動観察対策講座、春期・夏期講習、春期・夏期合宿、個別レッスン、プチアフター、特別講座(絵画制作、言語巧緻性、クマ歩き)、筑波大直前講習

 第一志望の女子校に合格をいただいた長女に続き、2つ下の次女が入会したのは、年中の12月でした。家庭とは別人で周りを気にしがちになってしまう娘の、本来の負けず嫌いで粘り強い性格を絵美先生はすぐに見抜いてくださいました。そして愛情のある的確なお声かけでメキメキと力をつけていく娘を見ながら、安心して通うことができました。特に合宿では、競技大会ではライバルでありつつも、お友達と協力して楽しく課題をこなし、たくさんの金シールとともに自信のついた顔で帰ってきたことをよく覚えております。また、自分のやり方へのこだわりもある次女には、先生と同様に親の声も素直に聞き入れていた長女とは違い、家庭学習で冷静に指導をするのが大変でした。しっかり復習をしてくださるプチアフターや、苦手克服に効果大の個別レッスンは大変ありがたかったです。「○○ちゃんはこれが上手だから私もやりたい!」とレッスンの追加を要求され、長女の時よりたくさん通わせていただきましたが、おかげで上手くいかない時もたくさん相談に乗っていただけました。親の気持ちが途切れそうな時には、「良い時ばかりではなく、誰にでも波があります」「娘さんには筑波がピッタリです。最後までがんばりましょう」と励ましてくださり、先生の言葉通り、筑波の試験では娘が一番自分らしく楽しむことができ、ご縁をいただくことができました。先生方と家庭で一丸となって目標に向けて最後まで頑張るという、当たり前のようで難しいことが、エミスタディルームでなければできなかったと思います。親子共々、長い間お支えいただきましたことを深く感謝しております。

2017 年度(H29年度)入試 暁星小学校、開智小学校 合格 男子
平成28年8月入会
受講コース名:立教・早稲田コース、読み聞かせ指示行動対策コース、特別講習、夏期合宿、プチアフタースクール

 年中から大手幼児教室に通っておりましたが、ノンペーパー校対策が志望校別のそっくりテストだけでとても不安に感じていました。6月にエミスタディルームのパンフレットを手にした時、ここだ!と思い体験を申し込みました。プロジェクターでの読み聞かせや、個別の聞き取り、ダンス講習、そして個人個人に向けたきめ細やかな講評を聞き、すぐに入会を決めました。まだお友達も居なくて心細い中、息子にとっては初のお泊まりとなった夏期合宿は、親の心配はよそに、行きの電車の中から騒ぎすぎて怒られたほど刺激的で楽しかったようです。1人で毎日身支度が出来ただけでなくたくさんのことを吸収して帰って来ました。伊勢海老の絵で金シールが貰えたこともその後の自信に繋がったようです。願書の添削も何度も丁寧にしてくださいました。願書を提出するギリギリまでアドバイスをいただき、おかげで納得が行くまで書き直せました。立教小学校対策目的でエミスタディルームに通っていたので、暁星小学校は正直なところ、あわよくば…という感じでした。立教小学校と同日なので受験すらできないだろうと諦めていたのです。ところがまさかの一次通過。喜んだのも束の間、「通過すると思っていなかったので二次試験の対策は何もしてないんです」と絵美先生に嘆いたところ「明日の為に、今から対策しましょう」と快くマンツーマン指導をしてくださいました。どれだけ心強かったことか!また、暁星小の親子面接では、エミスタディルームの模擬面接の際に細かく指導していただいた面接のマナーが本当に役に立ちました。無事、暁星小に合格がいただけたのは絵美先生をはじめとする先生方のお陰です。本当にありがとうございました。下の子もお世話になりたいと思います。

2017 年度(H29年度)入試 東京学芸大学附属大泉小学校 合格 女子
平成28年5月入会
受講コース名:行動観察対策講座、夏期講習、プチアフタースクール

 国立の小学校を受験しようと考えたのは年中の秋頃でした。受験に対する知識がなかったので、そろそろ準備しようかなどと思いながら気が付けば年中になっていました。エミスタディルームの分かりやすいコースのおかげで国立小講習をまずは受講し受験とはどういうものなのか必要なことを教えて頂けたと思います。娘の場合、引っ込み思案で新しい場所に慣れるまで時間の掛かる性格でしたので、教室に行く度に泣いていてその度に本人に無理をさせているのではないかと落ち込んでいました。でも、この受験というのは本人にとって意味のある経験になるはずだと信じ無謀な挑戦だったと思いますが、乗り越えられたように思います。行動観察講習は大変ためになり、徐々に自分から知らないお友達に話しかけ、作業をこなしていく姿を見て成長を実感できました。また、夏休みの国立小対策の夏期講習やプチアフターが大変充実していてペーパーや巧緻性、行動観察などとても役に立ったと思っています。絵美先生をはじめ諸先生方のおかげで合格を頂くことができ、感謝しております。ありがとうございました。

2017 年度(H29年度)入試 日本女子大学附属豊明幼稚園 合格 女子
平成28年7月入会
受講コース名:3年保育受験コース、夏期講習、特別講習

 エミスタディルームでは、夏期講習のみを受講予定でしたが、授業内容が充実していた為、7月から受験コースに通わせて頂くことにしました。基本的に自分でやれることは自分でやろう!という姿勢で上履きに履き替えて棚に仕舞うことから始まり、シートの上で遊ぶ時は上履きをきちんと揃えることなど、家ではできない事や他の子との交流など細かいところまで目を配ってくださり有難かったです。個別や合同の授業もスムーズに進み、終わりには運動(平均台や台からのジャンプ等)や指示行動、最後にはお弁当を皆で囲んで食べたりなど2時間半の授業で長いように思いましたが、毎回娘は「楽しかった!」と言ってニコニコ笑っていました。受験が終わった今でも「絵美先生のところに行く!」と言っている程です。また、授業の様子をモニターで見ることも出来たり、毎回宿題まで出してくださるのはこちらのお教室特有かもしれません。ただ、娘には少し足りなかったので、別に教材を購入できたのは助かりました。短い間でしたが、とても有意義に過ごせた事を感謝いたします。ありがとうございました。

2016年度(H28年度)入試 早稲田実業学校初等部、淑徳小学校、さとえ学園小学校 合格 男子
平成27年1月入会
受講コース名:年長コース、暁星・成蹊・筑波コース、立教コース、 受験体操コース、行動観察対策講座、言語コース 絵画制作コース、絵画初級・中級・上級コース 春期講習、ゴールデンウィーク講習、夏期講習 春期合宿、夏期合宿

エミスタディルームで初めて体験授業を受けたのは年中の1月半ばでした。息子が「明日も来たい。」とすんなり馴染めたことで入会を決めました。
小学校受験について全くの無知でしたが、今は何が必要で何をしなくてはならないかを勉強・体操のみならず生活面においても的確に分かり易くご指導いただきました。少人数制でほとんどの授業を室長がされるエミスタディルームでは、息子の得意・不得意をすべてのスタッフの方が理解してくださってるので、とてもきめ細かいアドバイスが受けられ効率良く対策を取ることが出来ました。不安だった願書や面接も本当に丁寧にご指導頂き、無事に終えることが出来ました。
先生方がたくさんのサポートをしてくださったおかげで、とても充実した楽しい受験期間を過ごすことができ、親子共々成長できました事を心から感謝いたしております。

慶應義塾幼稚舎、筑波大学附属小学校、立教小学校、さとえ学園小学校  合格 男子
受講コース名:年長コース、絵画制作コース、立教コース、暁星・成蹊・筑波コース、読み聞かせ指示行動対策コース、受験体操コース、巧緻性コース、個別レッスン、行動観察対策講座、夏期講習、春期合宿、夏期合宿

 エミスタディルームに入会したのは年中の1月でした。スタートが遅れてしまいあせりもありましたが、兄がこちらでお世話になり、きめ細やかで適確なご指導をいただき、第一志望に合格をいただきましたので、今回もエミスタディルームにお任せすれば大丈夫だろうと確信をしておりました。いつも教室の雰囲気が明るく、息子はもちろんですが、親の私も本当に楽しく通わせていただきました。
 兄弟2人がお世話になり、感じたことは
 ・少人数制のメリットを生かし、先生が一人ひとりにあわせた指導をしていた だけること。
 ・エミスタディルームの授業だけで合格に必要な全ての内容が身につくこと。
 ・プリントの質・量共に充実しているので授業の復習をしっかりしていれば自然と力がつくこと
これらが本当にすばらしかったと実感しております。また、子どもだけでなく、面接や願書指導など親へのサポートも万全にしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
 エミスタディルームの先生方が励まし支えてくださったおかげで、楽しく受験生活を過ごせたことに心から感謝しながら、息子には、これからの小学校生活に励んでほしいと思います。

立教小学校、西武学園文理小学校 合格 男子
受講コース名:年長コース、絵画制作コース、行動観察対策講座、立教コース、春期講習、春期合宿、夏期講習、ダンス講習、個別レッスン

エミスタディルームに入会したのは幼稚園の年中を迎える少し前でした。頭の柔らかい時期に様々な体験をすることで興味関心を広げて欲しい、学ぶことを楽しんで欲しいという気持ちから幼児教室を探しているときに先輩のお母様からご紹介いただき、体験授業に参加したのがきっかけでした。
 紙面での問題だけでなくみんなの前での発表や手先、絵画、運動など万遍なく教えてくださる授業内容に魅力を感じて入会を決めました。始めたころは固結びさえできず、絵も描けず、発表も恥ずかしくてできず、出来ないことだらけだった息子ですが、日々の授業の中でゆっくりではありますが、一つずつ習得していき、出来ることを増やしていくことが出来ました。
 中でも、3月に行われた春合宿は息子にとっても私たち親にとっても大きな節目だったように思います。この合宿が初めてのお泊りだったため参加自体をとても悩みましたが、「まずは自立心を養うことが大切です」という絵美先生のお言葉に、思い切って参加を決めました。結果的に、力を合わせて行うスタンプラリー、ドリブルや豆つかみなどを競う競技大会など息子にとっては一つ一つが大きな刺激となりました。そして親元を離れて過ごすことが出来たと言うことが自信につながったように思います。同時に私たち親にとっても息子に任せる、息子を信じるという子離れの良い機会になりました。  また、我が家では当初志望していた学校がリーダーシップのとれる活発な子どもを希望する学校であった事に対して息子は引っ込み思案でなかなか表に出てこられないタイプであったことが大きな壁となり、夏休みが明けるまで志望校が定まりませんでした。夏期講習や夏のプチアフターを経て、果たしてこのままの志望校で進めていいのだろうか、それが本当に息子のためになるのだろうか、と悩んでいる私たち夫婦に絵美先生から「入試で二日間かけてゆっくりとお子さんを見てくださる立教小学校はいかがでしょうか」とアドバイスをいただき、息子にとって一番良い方向を見つけるべく、気持ち新たに一から夫婦で話し合いました。その結果、入試の中でその子のいいところを引き出そうとしてくださる立教小学校に挑戦させていただくことを決めました。志望校が決定した9月からはやるべきことが定まったため、これまでと大きく生活が変わらないように気を付けながら受験に向けて対策をしていくことが出来ました。また、人前に出ることが苦手な息子にとって最も難関であったダンスでは、立教コースやダンス講習などを通して少しずつ踊れるようになり、それに伴って通常コースで行われる発表でも答えられるようになりました。
この1年半を振り返ると数多くの悩み、成長、気づきがありましたが、息子の物事に対する姿勢が「まずやってみよう」「やってみないとわからないから」と前向きな一歩を踏み出せるようになったこと、そして「今が頑張るとき!」と自分なりのけじめがつけられるようになったことは何にも代えられない大きな成長だったように感じています。また、願書や面接の準備などを通して改めて夫婦で話し合い、子どものことや家族のことを振り返り、文字や言葉にして向き合うことが出来たことはとても貴重なことでした。
 絵美先生をはじめ私たち親子を温かく見守り、ご指導いただいた先生方に改めて深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

日本女子大学附属豊明小学校、さとえ学園小学校、淑徳小学校 合格 女子
受講コース名 年長コース、女子難関校コース、行動観察対策講座、夏期講習、合宿(春期・夏期)

 我が家の小学校受験は2014年1月、年長コースの体験授業から始まりました。それまでいくつかの幼児教室を見学してきましたが、絵美先生の的確で温かなご指導と、私達の希望をしっかり聞いてご対応くださる姿勢に、家族の総意で入会を決めました。
 エミスタディルームでは、子供のやる気と競争心をくすぐる仕掛けが豊富で、ユーモラスな授業に娘はすぐに慣れ、喜んで通うようになりました。中でも、ペーパー問題だけでなく制作やサーキットでもタイムや完成度を評価する「金シール」は、娘にとって毎回の小さな目標となりました。一方では、志望校合格という大きな目的に近づきたい親にとっても、本人が望んで努力してくれるようになったことは、ここでしか得られなかったとても大きな収穫でした。
 また、専業主婦のいる家庭ゆえに、受験に備える時間の中では家庭学習が大きな割合を占めておりましたが、日ごろの授業をモニターや参観日で拝見することができたので、先生の仰るポイントを押さえて無駄なく復習をすることができました。娘にとっては、本番さながらの授業を受けること自体が受験に向けた練習となりますので、モニターを見ながら減点につながる娘のクセを見直すこともでき、効果的に次の授業への意識づけができました。  そして一番の難関でもあった面接に関しては、人前で注目を浴びようものなら泣いたり無言でやり過ごそうとする娘でしたが、毎回の発表練習で自信をつけ、第一志望校の面接本番では、明るくハキハキと受け答えをして親を安心させてくれるまでになりました。エミスタディルームに通うようになって「小学生になる」という自覚が生まれ、時間の感覚や自分で行動を起こすことにも少しずつ慣れていきました。こういった精神的成長は、合宿などを通して親と離れて自立した時間を過ごすことで、自信を深めていくことができたからだと実感しております。
 条件ばかりが頭にあった受験のスタートでしたが、この10か月は娘の将来像や教育方針をしっかりと話し合うことができ、今後の節目でも役に立つ貴重な機会となりました。最後になりましたが、絵美先生はじめスタッフの皆様、そしてともに受験に励まれたご父兄の皆様に囲まれ、親子共々大きく成長できたことを心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


お問い合わせはこちら
お問い合わせ